top of page

「団地を買う」を応援します!特集Vol.1 リノベ前or.リノベ済、買うならどっち?


団地購入の疑問や不安を解消し、希望どおりの物件を見つけるための基本情報やQ&Aをまとめました。


第1回目は、「団地に住んでみたい!」と思い立つと、ほとんどの方が直面する分岐点、《リノベ前or.リノベ済物件はどっちがいいの?》についてです。



団地を買うには主に2つのパターンがあります。


①リノベ済み物件を買うパターン

②リノベ前物件を買って、自分でリノベするパターン。


いちばんよく寄せられるのは、どちらがお得か?という点ですが、これは物件ごとに状況が大きく異なり、一概には言えません。

《リノベ済み》《リノベ前》ともにそれぞれのメリット・デメリットがあり、住み手が重視するポイントによって優劣が決まる、というのが結論です。



それぞれのメリット・デメリット


《リノベ済み物件》

 〇メリット

  ・トータルの金額がわかりやすい。

  ・すぐに引っ越せる(現在の家賃と2重払いが起こりにくい)。

  ・リフォームの専門家によるリフォームで使い勝手がよい、コーディネートされている、個人がリフォームするより安い傾向がある

 ●デメリット

  ・自分の好みにピッタリ合う物件が少ない(内装・設備・立地)


《リノベ前の物件》

 〇メリット

  ・自分好みに仕立てあげられる

 ●デメリット

  ・購入してからリノベするので、間取りを考えたり設備を選んだり時間がかかる

  ・すべて自分で決められる分、精神的な負担も大きい

  ・リフォーム業者が一括発注するものに比べて、設備の金額が高くなる




今回は、リノベ前・リノベ後、どちらを選ぶべきか、それぞれのメリット・デメリットについてでした。


次回は、それぞれの購入の流れについて書きたいと思います。



 


村上亜希枝(むらかみ・あきえ)/ライター

団地を愛する宅地建物取引士。多摩ニュータウンの不動産会社でお客様に団地を薦めているうちに、自身がすっかり団地好きに。現在は「 団地に住みたい人を、増やしたい!」を軸に、主に昭和期に建てられた団地の活性化に日々取り組む。趣味は団地巡り、山登り、アクセサリー作り。アキヱ企画代表。







Comments


bottom of page